ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.08.26 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.12.19 Monday

おちないおちない。DENIME type501XX

基本的にデニムを古着で購入することのない僕ですが、これは古着です。
新品で買う気にはなれないモデルですが、DENIMEというブランドネームとXXデニムでほとんどリジットコンディションだったということが決め手になりました。3800円だったかな。。定価は25000円ぐらい。ちなみにDENIMEのフラッグシップ。
穿き出したのはtype66と同じ頃ですが着用時間が66より短いので全然色落ちしてません(深夜のみ)。
ほんとにうっすらです。

501なので66よりワタリが太く貧弱ボーイにはルーズフィットな勢いですが、シルエットが綺麗なので太さも気になる程ではありません。


フロント。


牛革パッチは購入時から破損状態。


ポケットも財布のアタリがうっすら。


裾はほどいて長さを稼いでます。
気持ち短めだったのが恥ずかしかった(笑)


洗濯は頻繁にしてますがDENIMEのインディゴはとても濃いのでまだまだワンウォッシュ状態。
しっかり色落ちしたねって言えるのはいつ頃になるのか。。まったく先の読めない話になりそうです。
気長に付き合えばいいか〜なんてスタンスで今日も穿いてました。
さー帰って寝よ。
2011.12.19 Monday

おちたおちた。DENIME type66XX

昨年夏から穿いてたので1年5ヶ月間、リジット(糊が付いていてパリパリの状態)から現状レポート。



革パッチは牛ですな。


バックポケットはホツレがチラホラ。


左足。


バックショット。


フロント。
ヒゲが矢のように走る!




僕には初めての66タイプでしたね〜試着したときは以外に太いぞ!と思ってしまったので腰回りギリギリの2サイズダウンで選ばしてもらいました。
今から考えればジャストでよかったと。。。
洗濯は月に3回ぐらい。洗いを少なくすれば色落ちした所とそうでない所との落差がハッキリ出るのでイカツい面構えになったかも。
もうちょい穿き込んで色落ちさせたらあとは気ままに〜。
僕にとってはスペシャルなデニム。知ってる人は笑いましょう。
今の所ずっと穿きたいデニムなので大事にしていきます。
2011.09.22 Thursday

Lee とかとか

JUGEMテーマ:日記・一般
昨日は台風の影響か、やたらと道が渋滞してました。チョイスも悪かったようで江坂にも遅刻してしまった。
Pine farmではスタッフやブッキングをしつつ、告白という映画の原作本をチョビッと読みました。
チョビッとだけですが続きが気になってしょうがない。来週また読もうと思います。
チクチク刺さる文章があった、「やれば出来る」ではなくて「やることが出来ない」刺さる。。。



Pine farmには何本かギターやベースが置いてますが新顔が1本いてました。GIBSONのLes Paul。感触がとてもよかった、枯れていて出音もブルース・コンテみたい。パコーン。
いつか持って帰ってメンテしてやる!と企んでます。
ブランドの特長がよく出た良い楽器です。


特長といえばLeeもそう。
バックショットの一目瞭然っぷりはLeeならでわ。ポケット位置や、形、ステッチのデザインがLeeの顔です。

2011092110180001.jpg2011092110180000.jpg

ポケット両サイドのクロスステッチも特長の1つですが、ここ10年あたりでリベットになったり、、武骨。

2011092110210000.jpg

あと、豪快な縦落ちもそうで、これは右ではなく左綾のデニムを採用しているから。ハチノスも豪快なわけだ。
2011092110200000.jpg
フロントボタンもアルミじゃないよ。


Leeは他社ブランドとのコラボもやたら多い。ヴィンテージラインも現代的なラインも多数ありますがクラシックでインテリジェンスなイメージは崩れない。
レディースラインが特に秀逸。インポート系より圧倒的にコスパが高いのにカットの綺麗さは遜色なし。もっと流行ってもいいのにな〜と思います。HPみてみ、かわいいから。



2011092110200001.jpg
1889年創業。ジッパーフライを採用したのもLeeが最初。
2011.09.06 Tuesday

501

ちらちら書いてきたデニム記事。
今日は15年前に手に入れたデニムの話。
僕にしては珍しいLevi'sです。
10年前に生産中止されたUSAメイドの501の在庫がどこかで発見され今年に入って再リリースされたのを知っていた僕は春先に購入を考えていました。
あ、理由は簡単、懐かしかったから。
でも価格を見たら売価で1万円超えとるがな。。。
10年前は4千円とかで売ってたやん!ユニクロでも買えたやん!みたいなね。一気に熱が冷めた僕はやーめた!と購入を諦めました。。。ですが忘れた頃にタンスから出てきた。で、思い出す。そういや買ってたなと。ははは。
それがこれ。


501xxと表記されてますが実際は501。


現行の501とはアーキュステッチの糸の色が違ったりポケットが小さかったりします。



ビックリしたのがチェーンステッチ。糸が太い!
写真の両端のグチャグチャ縫われているのがチェーンステッチです。
この縫い方をすることによって強度の面は勿論、豪快なアタリが出るのです。
履き込めばナイスなアタリがでそう。
買わなくてよかった。。ちなみにLevi'sはこれ1本だけ。
タンスから取り出したときはカビだらけでしたが洗濯したら薄くアタリやヒゲが出てました。少しの間、履いていたんだなと実感。
15年ぶりに履いてみると以外にザラザラしてる。生地も厚く14ozぐらいはありそうかな。
DENIME517とローテーションで部屋着にしたいと思います。


そういや15年前何故に購入したのか理由は思い出せず。。。
なんでやったかな〜
2011.08.19 Friday

リサイクル

有名ブランドやカスタム物でなければ気軽に買えるシルバーアクセサリー。
集めてたつもりは無いけど気が付けば結構な数を所有していた。
人からもらった物も多いけどそういう物には怨念めいた某もあるだろうから浄化の意味も込めて全て溶かして新しく造り替えたいなんて考えてます。
大事にしてたけど付けれなくなったバングルの代わりになる物がいいな〜と思いますが僕にはシルバーを成型する技術も知識もほぼ皆無。レンジでチン!ぐらいはありますが。。
なのでやはりここはその道のプロに相談しました。
かるーい感じで対応してくれたので流石!頼りにしてます!ほとんどよろしく!

ということはワンオフのカスタム品だ!
そんなことでテンションも上がりつつ、、、そろそろ朝ですね。眠たいぞー。
2011.06.25 Saturday

天気の良い日はデニムを干そう!


DENIME Type66XX @ベランダ。

昨日は秋田県で39度8分を観測したそうな。
6月の気温としては20年振りの記録更新。
夏本番を迎える7月8月にはどうなることやら。。
おはようございます!そろそろ40時間を迎える丸田です!
こう暑いとね、寝るに寝れずタイミングばかりを見失い今にいたります。
昨夜のことも考えてたりしたのでっていうのもありますが。
陽射しの鋭さに気が付いてデニムを干そう!と思い立ちました。
雨も多いからね、この時期のデニムは臭うよね。。てことで久しぶりの洗濯。
これで乾いたらサラッと履ける。洗い立てのデニムは気持ちが良いこの陽射しなら夕方までには乾くでしょう。




洗濯機が回っている間、ウォレットも掃除しました。埃を落としてミンクオイルで仕上げ天日干し。
別にウォレットを天日干しする意味はないように思う。けど殺菌にはなるか?なんて期待もしたり。




最後は2本仲良く天日干しショット。
早く乾かんかな〜。
左は517。ブーチーなローライザー。


あかん、ブログ書いてたら眠くなる。
おやすみ。。
2011.05.21 Saturday

デニム修理

昨年から身に付けてる66。所々糸がほつれてきたので裁縫道具取り出して縫ってみました。




仕上がり最悪。
もうちょっと上手くできるつもりでしたが、つもりで終わり。
修理は高いからね、自分でやるのです。
もっとうまくならにゃ。
2010.11.06 Saturday

靴磨き

所有物の中で一番古く価値も高いと思われる靴。
16歳〜今までよくもまぁ飽きもせずに磨いてきたもんだ(笑)



きちゃない。ミンクオイルを使用。
柔らかブラシで表面の埃を払い、固く絞った布でゴシゴシ。

クロスとティッシュ、綿棒なんかを駆使してオイルを塗りまくりました。
で、乾燥中。

紐を通せばこんな感じ。通す前には勿論怒涛の磨き行程が入ります。
Tシャツがお薦め。

ブランドロゴかな?

上面から。

履いたらこんな感じ。


12年履いてこの状態なら20年は楽勝かな。
ちなみに気が向かないと履きません。雨の日は勿論NG
革物で極薄なので(多分カーフ)色々気を使います。
気を使ってても染みなんかはつくわけで。
まぁ味ですよね。
大事な大事なデッドストック物でした。
2010.10.19 Tuesday

1st VS 3rd

517です。
DEMIMEのブーツカットはベーシックに膝下からのフレアですがキツくないのでシルエットも抜群。
ワタリもタイトにポケット位置も少し高いのでローライズで無くとも足長効果が有ります。
13ozぐらいか??それでもしっかり縦落ちするので風合いも中々。



1stです。10年で膝とポケットに破れありですが年月を考えるとそれほどでもないダメージ。



春先にパークスで購入した3rd。まだまだ弱い。これからですね。



膝部分の写真。
1stの方はヒゲもシワもくっきりです。




今のメインは2nd。1stを越える色落ち目指して変化中。
1stは額に入れて飾りたいぐらいです。日光がさすと3Dみたいなグラフィック、色合いも調度いいのでこれ以上は落としたくないですね。
3rdはまだまだリジット〜です。ある程度ヒゲもアタリも出てきたら待機させて、色の濃い状態で楽しもう。
3本並べて眺めるのも楽しいと思うあたりアホですねww
イェイ
2010.10.16 Saturday

耳は好きですか?

2010101317320000.jpg
僕のはオレンジ。


写真のようなセルビッジに耳のついたデニムが好きなんですが、アウトシームにはブランドの拘りがあるように思います。
無骨なデニムの可愛らしさポイントみたいにフックが効いてると好感をもてます。
セルビッジの太さと耳の色の組合せは山のようにあり、耳は白地に何色かのラインをよく目にします。赤はスタンダードな色じゃないかな。
最近は多種多様な色でラメが入っていたり、片耳だけ色が入ってたり、セルビッジそのものが耳の重なりになってたり、セルビッジの数が両足で10本やったり、、、それ明らか目立ちたいやんみたいに思うものもチラホラww
サムライはラメですね。EVISUはグレー?シルバー?にゴールドやったような。いろいろです。


過度に主張するのは好きではないですが滅茶苦茶無骨なデニムならそれもありかなと思います。
僕は履きませんが。。。


可愛らしさポイントなのでパッと映えると可愛くもかっこよくも見えてしまうので拘らない訳にはいかないですね。
耳社会はこの先どうなっていくのか?もう手詰まりやろーーなw
Powered by
30days Album
PR