ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< future Roar.おわりました。 | main | ベルエベルcollection2014 >>
2016.08.26 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.04 Friday

足下の美学

特にギタリストは拘りの強い部分。
巨大なボードでギターマガジンに出てた誰それのようなシステム組みたいとか思ったことあるよね。
真似して色々買い足して組んでみたら、こんなにいらんとか、踏み変えやりにく!とかはやってから理解する。
僕も色々買ってきたけど、使うエフェクトはレリジョン始めた頃からかわってません。

ワウと歪みとディレイ。それとたまにコーラスやトレモロ。
結構簡素ですね。
ギターからワウ、ディストーションからオーバードライブ2つでディレイからアンプです。
2つあるODの片側はブースター。パンプアップです。音量はディストーションで。
纏めにディレイという役割分担。わかりやす!石井さん、こんなんでよろし?

最近はリバーブに興味あり。
アンプのリバーブは凄く気持ち良くかかりますが、9vも使いようだと理解しました。
ザンザン、ズンズンと歪んだ音にうっすらかけると演出の幅も増えましたよ。
オケ馴染みを良くするとか味付け的な意味合いが強かったけど、リバーブのエフェクトとしての価値を見出だせたことは中々の収穫です。
新しいボード欲しいなー。
美学も語れやしねぇ!
2016.08.26 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR